「送る」と「贈る」の違い

「送る」と「贈る」の違い

ポイント

  • 送る」=気持ちがこもってない。「贈る」=気持ちがこもっている。
  • 送る」=物理的に届ける。「贈る」=プレゼントする。
  • 送る」=send。「贈る」=give/gift。

解説

送る」と「贈る」という同音異義語がありますが、その違いや使い分けに悩む場面も多いものです。
彼氏や彼女へのプレゼントなら「贈る」だと想像できますが、お中元やお歳暮ではどちらがふさわしいのか悩んでしまうかたも多いのではないでしょうか。
まず、気持ちがこもっているかどうかで判断する方法があります。
気持ちがこもっていれば「贈る」、そうでなければ「送る」となります。
プレゼントなら「贈る」になりますし、お中元やお歳暮も表向きは日頃の感謝の気持ちですので「贈る」になります。
一方、郵便物や荷物の場合、そのような意味はあまりありませんので「送る」となります。
また、「贈る」はプレゼントするという意味に置き換えられますが、「送る」は物理的な行為を意味します。
ですので、プレゼントする場合は郵送しても手渡ししても手段にかかわらず「贈る」になります。
送る」では、自分で届けられない場合の代替えの手段となります。
「荷物を送る」などは、距離が遠い場合や重くて持てない場合などの手段です。
英語に置き換えて考えてみるという方法もあります。
送る」=send、「贈る」=give/giftと置き換えられます。
プレゼントを郵送する場合、プレゼントするという行為自体は「贈る」ですが、それを宅配便にお願いすることは「送る」となります。

参照元

「送る」と「贈る」の違いとは?プレゼントにはどっちを使う? 役立つ・ためになる知っ得袋!
「贈る」と「送る」の違いとは?使い分けはこれで完璧! インフォトライブ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ