「降りる」と「下りる」の違い

「降りる」と「下りる」の違い

ポイント

  • 降りる」=「乗る」の反対。「下りる」=「上る」の反対。
  • 降りる」=外れる。「下りる」=下がる。
  • 乗り物はどちらでもOK。

解説

降りる」と「下りる」の違いもなかなか難しく、使い分けに悩む場面もあります。
まず、「降りる」と「下りる」は、反対の意味で使われる言葉で考えると分かりやすくなります。
降りる」の対義語は「乗る」となりますので、「飛行機から降りる」「バスから降りる」という場合に使われます。
下りる」の対義語は「上る」ですので、「階段から下りる」「幕が下りる」などといった場合に使われます。
また、どのように移動するのかによっても区別することができます。
「下りる」は物理的に上から下に下がる場合に用いられますが、「降りる」は「外れる」という意味で使われます。
「仕事から降りる」「役職を降りる」「勝負を降りる」などは「外れる」という意味に置き換えられます。
ただし、例外として乗り物があります。
電車やバスなどでは「降車」「下車」という言葉があるように、
降りる」も「下りる」も使われます。
この場合、どちらを使っても間違いではありません。

参照元

下りる、降りる
ビミョーな言葉研究所

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ