「陰」と「影」の違い

「陰」と「影」の違い

ポイント

  • 」=光が関係。「」=光以外も関係。
  • 」=似ている、同じ動きをする。「」=見えない場所。当たらない場所。
  • 」=見える。「」=見えない。
  • 」=shadow。「」=shade、behind。
  • 比喩的な意味で「」を使う場合もあり。

解説

分かっているようで意外に使い分けに迷ってしまうのが「」と「」です。特に日本語の「かげ」にはいくつかの意味があり、比喩的表現も多く、感じで書く場合に悩んでしまう場合もあります。そこで、「」と「」の違いと使い分けのポイントをまとめてみます。
辞書などでは、「」は光がもので遮られてできた暗い部分、「」は物に遮られて日光や風雨の当たらない所となっています。
まず、光の関係で考えてみます。「」は必ず光が関係し光がない所では「」はできませんが、「」は風雨など光にかかわらず何かに遮られた場所のことをさしています。ですので、「木の」は太陽と反対側の地面に写し出される物理的な暗い部分を指しますが、「木」は日差し風雨を遮る場所を意味しています。言い換えると、「」は現象で目に見えるもの、「」は何かが当たらない場所で見えない場合もあります。
また、英語で考えてみても分かり易いでしょう。「」はshadowのみ、「」はshade、behindなどに置き換えることができます。
しかし、日本語では「影」を用いた慣用句やことわざが多いため、使い分けが難しくなっています。現象としての「影」は、その遮っているものと同じ形や動きをするという特徴があり、「似ている」「同じ動きをする」という意味にも使われます。
例えば、「面影」は影を映し出しているように似ているという意味がありますし、「影武者」は「影」と同じように裏で同じ働きをする子から来ています。「影が薄い」も影が映らないほど存在感がないという意味ですし、逆に「影を潜める」は影が映らないように存在感を消すという意味になります。
一方、「で糸を引く」「口を言う」などは見えない所で何かをすることですので「」になります。「となり日向となり」は難しいところですが、表に立ったり裏方になったりという意味ですので「」となります。

参照元

「影」と「陰」の違い | 違いがわかる事典
影/景(かげ)の意味 – goo国語辞書
陰を英語で・英訳 – 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ