「青田買い」と「青田刈り」の違い

「青田買い」と「青田刈り」の違い

青田買い」と「青田刈り」の違い

ポイント


解説

優秀な人材を確保するという意味で「青田買い」という言葉が使われますが、
似た言葉で「青田刈り」という言葉も存在し、混合されることもあります。
この「青田買い」と「青田刈り」の違いについて整理してみます。
まず、「青田買い」とは、元々は収穫量を確保するためや価格の高騰にそなえるため、稲が実る前に田を買い取ることで、
稲が実る前に田畑を買い取ることを指します。
このことから、現代では優秀な人材を卒業前に採用するといった行為に使われます。
一方、「青田刈り」=戦国時代の戦術が由来しています。
敵の城の周りの稲を実る前に刈り取ることで食糧を不足させるという兵糧攻めの1つです。
現代では、米や野菜の相場の低下を抑えるため、収穫前の作物を刈り取って生産調整する場合などに用いられます。
ですので、優秀な人材を前もって確保するという意味に「青田刈り」を使うのは間違いという事になります。

参照元

青田買いとは – コトバンク
青田刈り(あおたがり) – 語源由来辞典
「青田刈り」と「青田買い」の意味とその違い – 現代文 by 春樹 マナペディア

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「青田買い」と「青田刈り」の違い”

  1. […] 、米や野菜の相場の低下を抑えるため、収穫前の作物を刈り取って生産調整する場合などに用いられます。 [紹介元] 「青田買い」と「青田刈り」の違い | ズバリ解決!「違いガイド」 […]

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ