「韓国」と「日本」の人口の違い

「韓国」と「日本」の人口の違い

ポイント

  • 総人口:「韓国」=5,044万人。「日本」=1億2,706万人
  • 韓国」=現在も人口増加中。「日本」=2007年から人口減少。
  • 就労者人口:「韓国」=2,476万人。「日本」=6,335万人

解説

韓国」と「日本」の人口の違いはごれくらいなのでしょうか?


人口の推移 - 世界経済のネタ帳


人口の推移 - 世界経済のネタ帳

世界経済のネタ帳によると、2014年の両国の人口は、
韓国」:5,044万人、「日本」:1億2,706万人となっています。
韓国の総人口は、日本の半分弱となります。
韓国」も「日本」も、少子化が重大な社会問題になっているという共通点はありますが、
総人口の推移を見ると、日本は2007年をピークに減少傾向に入っているのに対し、
韓国」は、ペースは鈍っているものの、いまだに増加しているのがわかります。


労働者人口では、両国の経済状況や人口構成などが反映された結果となります。


就業者数の推移 - 世界経済のネタ帳


就業者数の推移 - 世界経済のネタ帳


韓国」は、労働者人口が順調に増加している傾向にあるものの、
経済危機にあった1998年には減少に転じています。
日本」では、バブル崩壊の響で1990年代後半から減少しはじめ、
また団塊の世代の定年なども重なり、以後労働者人口は横ばいとなっています。

参照元

世界の人口ランキング – 世界経済のネタ帳

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ