「あたりめ」と「するめ」の違い

「あたりめ」と「するめ」の違い

あたりめ」と「するめ」の違い

ポイント


解説

実は、「あたりめ」と「するめ」は同じものなのです。
昔の商人が、損をするという意味の「する」と似ていたため、縁起をかついで「あたり」を使い、「あたりめ」になったと言われています。
その他にも、お金を盗る意味の「する」ともにているため「あたりめ」になったなど、いくつかの説があります。
いずれにしても、するめを細かくちぎったものが「あたりめ」ではありません。
あたりめ」と「するめ」は呼び方が違うだけなのです。

参照元

あたりめとは – コトバンク

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ