「いく」と「ゆく」の違い

ポイント

  • 「いく」も「ゆく」もどちらも正しい。
  • 「いく」は口頭的。「ゆく」は文章的。
  • 昔はほとんど「ゆく」。現代は「いく」が基本。
  • 一部の表現では「ゆく」としか読まない例もある。

解説

「いく」と「ゆく」は、いずれも標準的な言い方で、どちらか一方が誤りであるということはありません。

万葉集にも「いく」と「ゆく」という両方の言葉があり、古くから使われていたことがわかります。

ただし、当時はほとんどが「ゆく」と読まれていて、標準的だったようです。

現代語では、連用形の音便形は、「いく」の「いっ(て)」「いっ(た)」の形しか用いられません。

また、下記のような言葉や表現では必ず「ゆく」を使い、「いく」と表現されることはほとんどありません。

  • 「立ちゆく」
  • 「亡びゆく」
  • 「更けゆく」
  • 「消えゆく」
  • 「ゆくえ」
  • 「ゆく末」
  • 「ゆくて」
  • 「ゆく春」
  • 「ゆくゆく(は)」
  • 「明けゆく」
  • 「移りゆく」
  • 「暮れゆく」
  • 「過ぎゆく」
  • 「ゆく秋」
  • 「ゆく年」

参照元

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3829178.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/view.rbz?nd=1644&ik=1&pnp=100&pnp=106&pnp=134&pnp=1644&cd=97

このカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ