「すいません」と「すみません」の違い

ポイント


解説

すいません」も「すみません」も、どちらも間違いではありませんが、

すいません」は「すみません」の口語として定着したものです。

すみませんの語源は「済む」の否定形「済まぬ」からきています。

「このままでは気持ちがおさまらない」という意味で使われていたのが、謝罪やお礼の言葉に使われ始めたそうです。

ちなみに、英語の「エクスキューズ・ミー」も「許してください」という意味です。

日本語でも、人を呼び止める際にも「すみません」を使いますが、どちらも語源は同じようです。

すいません」は、その口語ではありますが、それだけでなくニュアンスを和らげたりする意味や効果もあります。

ですので、逆に目上の人に使うと失礼にあたる事もありますので、注意が必要です。

文書に書くときは、必ず「すみません」になります。

参照元

「すみません」なのか、それとも「すいません」なのか。正しい日本語は? ウエツハラ
「すみません」という言葉の使い方|和文化案内『ゆかしき堂』のブログ
すみません – 語源由来辞典

このカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ