「そうめん」と「ひやむぎ」の違い

ポイント


解説

そうめん」と「ひやむぎ」は、まずJIS規格では太さで分類されます。
そうめん」は太さ1.3mm以下、「ひやむぎ」は太さ1.3mm~1.7mmのものとされています。
ちなみに、1.7mmを超えるとJIS規格ではうどんに分類されます。
材料では、「ひやむぎ」が小麦粉・塩・水のみで作られているのに対し、「そうめん」にはこれに油が入ります。
また、一般的な製法は、「そうめん」は手延べが中心で断面が丸いのに対し、「ひやむぎ」は切って麺状にするため、角ばった断面になります。
さらに、「ひやむぎ」は乾燥させて製品になるのに対し、「そうめん」は乾燥させた後に熟成させる工程が入るというのも特徴です。

参照元

そうめんと冷麦の違いとは – 味噌煮込みきしめん処すぎのき亭
「ひやむぎ」と「そうめん」の違いって? – 素材・食材 – 教えて!goo

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「そうめん」と「ひやむぎ」の違い”

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ