「づつ」の「ずつ」違い

ポイント

  • 正しくは「ずつ」。
  • 公用文や学校教育、新聞では「づつ」は間違いとされる。
  • 「竹筒」など二語の連合によって生じた場合のみ「づつ」。

解説

歴史的には「づつ」が使われてきたようです。
しかし、昭和21年に定められた「現代仮名遣い」で、「ずつ」を原則とすることが定められました。
これにより、法令・公用文書・新聞・雑誌・放送などでの基準も「ずつ」となりました。
学校などの教育現場でも、正しいものは「ずつ」となります。
「現代仮名遣い」は、昭和61年に改訂されていますが、同に「ずつ」を原則としています。
例外として、「竹筒」など二語の連合によって生じた場合のみ「づつ」を使います。
これは、「三日月(みかづき)」「小遣い(こづかい)」と同に、2つの言葉をつなげた濁音として分類されるためです。
結論として、現代において正しいものは「ずつ」となります。

漢字で「筒」や「包」として書けるものは例外として「づつ」を使います。

参照元

現代仮名遣い:文部科学省
「少しずつ」と「少しづつ」、どっちが正しいですか俺、今日メモを書こうとして… – Yahoo!知恵袋

このカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ