「づらい」と「にくい」の違い

ポイント

  • づらい」は主観的。「にくい」は客観的。
  • づらい」は出来なくはないけど大変。「にくい」は物理的に難しい。
  • 漢字で書くとイメージしやすい。(「辛い」「難い」)
  • どちらも間違いではない。

解説

出現時代は「にくい」が古く、10世紀には用例があります。「づらい」は19世紀になってから登場します。
にくい」から「づらい」へ移行しているとも言えます。
にくい」の方が長く使われ、「づらい」がだんだん台頭してきたと考えられます。
そもそも漢字では「難い(にくい)」「辛い(つらい)」と書きますから、「にくい」=【することが難しい】、「づらい」=【することが辛い】と読み替えることができます。
「溶ける」「さびる」「焦げる」など、人の意志がからまない場合には「溶けにくい」「さびにくい」「焦げにくい」というのが一般的なのです。
一方、「頼みづらい」「話しづらい」などのように、自分の主観的な意思が入った場合は「づらい」を使いことが多い傾向にあります。
借金を頼み込む場合、「頼みにくい人」は誰が頼んでも貸してくれそうにない人、「頼みづらい人」は度重なる借金でこれ以上自分に貸してくれないか、別の個人的事情で自分には貸してくれそうにない人という違いがありそうです。
ただ、「頼みにくい/頼みづらい」「話しにくい/話しづらい」といった場合、客観的、主観的とはっきり分けることはできませんので、どちらが正しいということはありません。
近年、若い人は「にくい」よりも「づらい」を多用する傾向にあるといわれます。
若い人に尋ねると「にくい」は人を責めているような感じがするため、自分の感覚をいう「づらい」の方が使いやすいのだそうです。

参照元

http://www.nhk.or.jp/kininaru-blog/89122.html
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/uraomote/023.html

このカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ