「もりそば」と「ざるそば」の違い

「もりそば」と「ざるそば」の違い

もりそば」と「ざるそば」の違い

ポイント

  • もりそば」=海苔が載ってない。「ざるそば」=海苔が載っている。
  • 「かけそば」と区別するために「もりそば」と呼ばれるようになった。
  • 元々は「ざるそば」は器やつゆも違った。
  • 現在では海苔がのっているかどうかだけの違い。

解説

もりそば」と「ざるそば」の違いは、一言でいうと海苔が載っているかどうかだけです。
ざるそば」には海苔が載っていますが、「もりそば」には海苔が載っていません。
江戸時代、いちいち蕎麦をつゆに着けず、つゆをかけてたべる「ぶっかけそば」が誕生しました。
この「ぶっかけ」が「かけ」と呼ばれるようになります。
「かけ」と区別するために、つゆを着けてたべるそばを「もりそば」とよぶようになったのが「もりそば」の始まりです。
一方、ざるそばの元祖とされるのは、江戸中期、深川洲崎にあった「伊勢屋」で、蒸籠や皿ではなく竹ざるに盛って出すので「ざる」と名乗ったのが始まりと言われています。
明治以降になると、「もり」にもみ海苔をかけて、蒸籠も替えて「ざるそば」として売り出されるようになりました。
当初は海苔だけでなく、汁もぐんとコクの深い「ざる汁」を用いるのが決まりでした。
近年では、このような区別をしているケースはほとんどなく、「もりそば」に海苔が載っているものを「ざるそば」と呼ぶことがほとんどです。

参照元

「もりそば」と「ざるそば」の違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ