「よろん」と「せろん」の違い

ポイント

  • もともとは「よろん」=輿論・与論。「せろん」=世論。
  • よろん(与論)」=社会的な合意。「せろん(世論)」=一般大衆の気分や人気。
  • 現代では「世論」を「よろん」とも「せろん」とも読む。
  • よろん」も「せろん」もどちらも正しく、明確な意味の区別もない。

解説

もともとは、「よろん(輿論)」と「せろん(世論)」は下記のように区別されていました。

 「輿論」=世間一般の人に共通した意見のこと

「世論」=世間のうわさ、議論、風評など

「よろん(輿論)」=社会的な合意、「せろん(世論)」=一般大衆の気分や人気ととらえる言い方もあります。昭和21年に当用漢字が定められたのをきっかけに「輿論」を「与論」と書くようになります。その後、「世論」を「よろん」と読むようになってきました。
NHKのアナウンサーが「世論」を間違えて「よろん」と読んでしまったのがきっかけという説もありますが、詳細は不明です。
最近では、辞書でも「与論」も「世論」も同義語として扱われ、「世論」を「せろん」「よろん」どちらの読み方も正しいとされています。

参照元

素歩人徒然 ネット世論 世論と与論の意味の違い 世論(せろん)と 世論(よろん)
どうして世論(せろん)のことをニュースやラジオでは世論(よろん)というのです… – Yahoo!知恵袋

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ