「アクリル」と「ポリエステル」の違い

「アクリル」と「ポリエステル」の違い

アクリル」と「ポリエステル」の違い

ポイント


解説

アクリル」と「ポリエステル」の違い
アクリル」も「ポリエステル」も合成繊維の一種です。
まず、「アクリル」は着色性・耐光性が高いため、鮮やかな色に加工しやすく、変色しにくいのが特徴です。
防虫性も高いため、虫食いの心配もほとんどありません。
しかし、耐熱性が低く、すぐに溶けてしまうという短所があります。
一方、「ポリエステルでは、耐熱性が高く、縮みにくいという特徴があります。
しかし、静電気を帯びやすいという短所もあります。
また、どちらも強度が高く軽量な反面、吸湿性が低く毛玉になりやすいという共通点もあります。
繊維以外の用途では、「アクリル」は強化ガラスなど、「ポリエステル」はペットボトルに利用されているのが知られています。

参照元

アクリル毛布とポリエステル毛布の違いって何? のざわ通信/ウェブリブログ
アパレル素材の基礎知識

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ