「アパート」と「マンション」の違い

「アパート」と「マンション」の違い

アパート」と「マンション」の違い

ポイント


解説

アパート」と「マンション」の違いは、実は明確な規定がありません。
ですので、不動産屋さんなどが、これはマンションだと思えば「マンション」と表示しても問題ありませんし、
高級感を出すために「○○マンション」と称することもあります。
ただし、一般的には構造などによって分類されます。
アパート」は木造や軽量鉄骨造、「マンション」は鉄筋コンクリート構造となります。
また、「アパート」は2階建てが多いのに対し、「マンション」は高層住宅を指す場合が多い傾向にあります。
賃料でも、「アパート」は安め、「マンション」は高めという特徴もあります。
入居形態では、「アパート」全て賃貸なのに対し、「マンション」賃貸・分譲の両方のがあります。
ちなみに、「アパート」も「マンション」も和製英語とされ、英語での意味はかなり異なります。
英語の「マンション」は豪邸を意味し、集合住宅という意味は全くありません。
これは、昭和30年代のマンションディベロッパーが高級感を出すために「マンション」と銘打って売り出したことが由来とされています。
アメリカでは、建物の構造にかかわらず、分譲なら「コンドミニアム」、賃貸なら「アパートメント」と呼ぶ傾向が強いようです。

参照元

賃貸用語 アパートとマンションの違いは? [部屋探し・家賃] All About
マンション – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ