「アルバイト」と「パート」の違い

ポイント


解説

パート」は、短時間労働者に関する雇用管理の改善に関する法律(パートタイム労働法)で、「同一の業務に従事する労働者に比して1週間の労働時間が短い者」と定義されています。
一方、「アルバイト」は特に法律的に定義されている区分がありません。
一般的には、臨時的な職や副業などを指したり、社員の対義語として使われています。
ただし、フリーターの増加により、このような区分も当てはまらなくなってきています。

参照元

http://koizumi-office.jp/2008/07/post-34.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ