「インフルエンザ」と「風邪」の違い

ポイント


解説

インフルエンザ」はインフルエンザウイルスに感染したことによる諸症状、「風邪」は咽頭、喉頭炎、鼻水、下痢、吐き気などの症状の総称です。
インフルエンザ」と「風邪」の違いは、感染源にあります。
インフルエンザ」はインフルエンザウイルスへの感染が原因。「風邪」は主に細菌感染が原因です。
そのため、処方される薬も違います。
インフルエンザ」は主にワクチン。「風邪」は主に抗生物質が処方されます。
ちなみに、抗生物質は、細菌を殺すための薬の総称です。ですのでウイルスでの効果は期待できません。
また、「インフルエンザ」は強い流行性がありますが、「風邪」の流行性はマチマチで、一概にいえません。
一般的に「インフルエンザ」は”仕方がない”、「風邪」は”体調管理ができていない”ととらえられる風潮があるようです。
会社にもよりますが、「インフルエンザ」だと言うと休みやすく、「風邪」では気まずく休みにくい傾向があるようです。

参照元

http://okwave.jp/qa/q6435315.html
http://matome.naver.jp/odai/2134700990675430101

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ