「カップヌードル」と「スープヌードル」の違い

ポイント


解説

2006年に日清食品から発売されているのが「スープヌードル」です。
見た目や味は、それまでの「カップヌードル」と変わりがないようなのですが、何が違うのでしょうか?
実は量だけなのです。
日清食品ホームページによると、下記のようになっています。


経済環境や人口動態など、社会構造が大きく変化している中、この変化に対応し、新たな付加価値を吹き込む商品として、加えて、価値と価格のバランスのとれた商品としてご愛顧いただいております。より多くの皆に、より多くの食シーンで「カップヌードル」の味をお楽しみいただけるよう、「カップヌードル」をスープ感覚にした商品が「スープヌードル」です。」


つまり、ダイエット志向の消費者が増えたり、お弁当も食べたいけどカップヌードルも食べたいと言った人が、量が多すぎるという声が多かったのではないでしょうか?
しかし、単純に小さいものを発売しただけでは伝わりにくいので、「スープ」というキーワードを商品名に含ませたものだと思われます。

参照元

「カップヌードル」と「スープヌードル」の違いについて教えてください。

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ