「カトリック」と「プロテスタント」の違い

ポイント


解説

キリスト教は、東方教会と西方教会に分類されますが、「カトリック」も「プロテスタント」も西方教会の流れに属します。
16世紀の宗教改革により、「カトリック」から分裂したのが「プロテスタント」です。
そのため、「カトリック」を旧教、「プロテスタント」を新教と呼ぶこともあります。
カトリック」では教会が恵みの取次ぎ者として考えています。そのため、教会が非常に重要な役割を担います。
のそため、中世では教会や司祭者が権力を握り、腐敗していった時期がありました。
これらに異を唱え、分裂したのが「プロテスタント」です。
プロテスタント」でも教会を否定しませんが、最も重要なのは聖書と考えています。
これらを象徴するのが「神父」と「牧師」という呼び方です。
カトリックでは「神父」と呼び、神父には結婚が許されていません。
また、その頂点に立つのがローマ法王です。
プロテスタントでは「牧師」と呼び、結婚が許されています。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1111875816
カトリックとプロテスタントの違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ