「カフェラテ」と「カフェオレ」の違い

ポイント


解説

カフェラテ」はイタリアで生まれ、「カフェオレ」はフランスで生まれたコーヒーの飲み方の1種です。
どちらもコーヒーとミルクを混ぜた飲み方ですが、一番の違いは使っているコーヒーです。
カフェラテ」ではエスプレッソを使い、「カフェオレ」ではドリップコーヒーを使っています。
厳密にはミルクの温め方も違います。
カフェラテ」ではミルクを蒸気で温めたスチームドミルクを使いますが、「カフェオレ」では普通に温めたホットミルクを使います。
ただし、このミルクの味の違いが分かる人はなかなかいないでしょう。
コーヒーとミルクの割合は、「カフェラテ」は2:8、「カフェオレ」は5:5とされています。
ただ、この割合は店でも異なり、最近ではカフェラテの方がミルクが多めという程度なのが一般的です。

参照元

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/195133.html

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ