「カポナータ」と「ラタトゥイユ」の違い

ポイント


解説

カポナータ」と「ラタトゥイユ」は、まず発祥国が違います。
「カポナータ」はイタリア、「ラタトゥイユ」はフランスの料理です。
食材では、「カポナータ」は揚げ茄子を使う点が特徴ですが、「ラタトゥイユ」では使いません。
味付けでは、「カポナータ」は酢・砂糖を使い、甘酸っぱいのが特徴です。
一方、「ラタトゥイユ」=酢・砂糖を使わず、トマトソースをベースとした味付けになります。
どちらも温かくても冷めてもおいしくたべられ、パンやパスタとの相性もよく、いろいろアレンジできる料理です。

カポナータ

カポナータ

 

参照元
食育まめ知識 ラタトゥイユとカポナータは同じもの? /食育大事典
カポナータとラタトゥイユの違い : PASQUARELLIのおいしい生活

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ