「クッキー」と「ビスケット」の違い

「クッキー」と「ビスケット」の違い

クッキー」と「ビスケット」の違い

ポイント


解説

全国ビスケット協会によると、「ビスケット」は小麦粉を練った生地を焼いたものの総称で「ビスケット類」と呼ばれているようです。
ビスケット類」には、「ハードビスケット」「ソフトビスケット」の他、乾パンやクラッカー・パイ・サブレなども含まれます。
このうち、日本で「ビスケット」と呼ばれているものは「ハードビスケット」を指します。
ビスケット(ハードビスケット)は、中力粉を材料に作られ、砂糖や油脂が控えられており、サクっとしたはざわりです。
見た目ではガス抜きの穴があるのが特徴です。
一方、クッキー(ソフトビスケット)は、薄力粉材料として作られます。
砂糖や油脂が多めで、比較的柔らかいのが特徴です。
また、外国での「クッキー」と「ビスケット」の定義は、国によってまちまちのようです。
イギリスで「ビスケット」と呼ばれているものの多くは、アメリカでは「クッキー」とよばれているそうです。

参照元

ビスケットで健康家族 ビスケットの仲間たち
過去のコラム【ビスケットとクッキー】

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ