「ココア」と「チョコレート」の違い

「ココア」と「チョコレート」の違い

ココア」と「チョコレート」の違い

ポイント

解説

ココア」と「チョコレート」は、どちらも原料はカカオで、製法も途中まで同じです。
カカオ豆を焙煎や圧搾などの処理を施すとカカオマスになります。
このカカオマスから脂肪分であるカカオバターを取り除いたものがココアとなります。
逆に、カカオマスにカカオバターやミルク・砂糖などを加えたものがチョコレートになります。
また、ココアバターには凝固作用がありますので、チョコレートは固形になります。
そのため、スンプルに粉末=「ココア」、固形=「チョコレート」と分類する方法もあります。
ちなみに、「ホットココア」と「ホットチョコレート」では明確な違いがないようです。
しいて分類すると、チョコレートを溶かして作ったものが「ホットチョコレート」ということですが、味や成分などでの区分はないようです。

参照元

チョコとココア – Yahoo!知恵袋
カカオ、ココアの違い – 違い.com

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ