「コンドロイチン」と「グルコサミン」の違い

ポイント


解説

関節痛などに効果があり、多くのサプリメントに利用されているのが「コンドロイチン」と「グルコサミン」です。
2つとも最近はよく耳にする成分ですが、実は成分や効果には大きな違いがあります。
まず、「コンドロイチン」はムコ多糖類の一種で、コラーゲンの間に入り込んで関節の摩擦を和らげる効果があります。
一方、「グルコサミン」=アミノ酸の一種です。こちらは関節の軟骨を修復・再生する働きがあります。
また、「コンドロイチン」は甲殻類の殻に多く含まれるており、。「グルコサミン」は動物の軟骨などに多く含まれています。
関節痛への効果といっても、このように全く違ったアプローチで効果を発揮します。
一概にどちらが効くとは言えませんので、それぞれに合ったものを試してみる必要があるようです。

参照元

コンドロイチンとグルコサミンの違い グルコサミン豆知識ナビ
コンドロイチンとグルコサミンの違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ