「サーキュレーター」と「扇風機」の違い

ポイント


解説

サーキュレーター」と「扇風機」の最も大きな違いは利用目的です。
サーキュレーター」は、空気を循環させるのが目的、「扇風機」は直接風を人にあてて涼感を得るためのものです。
そのため、「サーキュレーター」は直進性の高い風を重視し、渦巻き状の風を発生させて効率を高めているものもあります。
また、首振り機能がないものがほとんどです。
一方、「扇風機」は必ずしも直進性は重視せず、涼しいと思われる風を幅広く送ることを重視します。
そのため。「扇風機」では首振り機能は必ずある機能です。
冷房や省エネで「サーキュレーター」を利用するのであれば、エアコンの代わりにつかうのではなく、
エアコンと合わせて使い、冷房効率を高める補助として使うのが効果的です。

参照元

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1127594686

株式会社シー・シー・ピー:ハネウェル:サーキュレーター [サーキュレーターと扇風機の違い]

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ