「シャベル」と「スコップ」の違い

「シャベル」と「スコップ」の違い

シャベル」と「スコップ」の違い

ポイント


解説

シャベル」と「スコップ」の違いは、まずJIS規格では足を掛ける部分の有無で区別されています。
この場合、「シャベル」は足を掛ける部分があるもの、「スコップ」は足を掛ける部分がないものとされます。
しかし、一般的には大きさで区別されています。
西日本では、大型にものを「シャベル」、小型のものを「スコップ」と呼んでします。
この場合、土木作業などで使うものを「シャベル」、園芸などで使う小型のものを「スコップ」として分類されます。
しかし、東日本ではこれが全く逆の使い方がなされています。
土木作業用語では、先の形状で「剣スコ」「角スコ」よ呼ばれることがよくあります。
ちなみに、「シャベル」は英語、「スコップ」はオランダ語が語源となっています。

参照元

シャベル – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

2 Responses to “「シャベル」と「スコップ」の違い”

  1. […] (※編注:「シャベル」と「スコップ」の違いはこちら。) […]

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ