「ジェル」と「クリーム」と「乳液」の違い

「ジェル」と「クリーム」と「乳液」の違い

ジェル」と「クリーム」と「乳液」の違い

ポイント


解説

ジェル」と「クリーム」と「乳液」の違いの1つは含まれている油分です。
クリーム」「乳液」「ジェル」の順に含まれる油分が多くなっています。
もともと「クリーム」や「乳液」は肌に油分を与えるというものなのに対し、「ジェル」は肌に水分を与えるのが主な役割です。
また、形状にも違いがあります。
「ジェル」と「クリーム」は主に固形で、手に取っても扱いやすくなっていますが、「乳液」はその名の通り液体ですので、サラサラでこぼれやすくなっています。
ただし、これらの分類基準はあいまいで、メーカーによってもかなりの違いがあります。
水分や油分以外の成分が主成分になっているものも最近はたくさん登場していますので、
一概に水分・油分という側面だけでは分類できなくなっています。
形状でもより液体に近いジェルなども登場してきています。
このような事から、商品名の一部としてイメージ的に「ジェル」「クリーム」「乳液」を付けているケースもよくあります。

参照元

ジェルとクリームの違いについて、 – スキンケア – 教えて!goo
美容液・乳液・クリーム – 美肌のためのスキンケア – 美肌の基礎知識 – 美肌工房

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ