「ストリーミング」と「ダウンロード」の違い

ポイント


解説

動画などにおけるダウンロードとは、その動画データをパソコンや携帯に一度保存し、それを再生する形式です。
ストリーミングとは、サーバー上で再生されている動画をパソコンや携帯で閲覧するような形式になります。
まず、1つの違いは再生開始までにかかる時間です。
上記のような違いから、ダウンロードではデータを保存するまで再生を開始できないため、再生開始までに時間がかかります。
逆に、ストリーミングではこのような時間が不要になるため、すぐに再生を開始できます。
つぎの違いは、コピーができるかどうかです。
ダウンロードでは、パソコンや携帯にデータを保存するため、データの複製が可能です。
逆に、ストリーミングではデータを残さないため、データの複製が不可能です。
そのため、著作権保護のためにストリーミングを用いる場合がおおくあります。
このようにいい事づくめに感じるストリーミングですが、ダウンロードに比べてサーバーの構築費用などが高いというデメリットもあります。
ただし、最近では技術の進化により状況も変化してきています。
ダウンロードでもダウンロード中でも再生できるデータ形式も登場し、再生開始までの時間も大幅に短縮されてきています。
また、著作権保護に関する技術も進歩し、コピーしたデータは再生できなくする事が可能になったり、
一定時間経過するとデータを自動的に消去する事も可能になっています。
また、再生画面をそのまま記録するソフトなども登場しているため、ストリーミングでも実質コピーできてしまうという問題も発生しています。

参照元

http://movie-commerce.com/video_on_demand/download_streaming1/

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ