「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い

ポイント


解説

ストレートパーマ」と「縮毛矯正」はよく混同されがちですが、その方法や効果には大きな違いがあります。
まず、薬剤ですが、「ストレートパーマ」は通常のパーマ液を使用することが多く、「縮毛矯正」は強力な専用薬剤を使うことがほとんどです。
処置方法にも違いがあります。「ストレートパーマ」は櫛で伸ばすのが基本ですが、「縮毛矯正」はアイロンなどを用いて熱で矯正します。
その結果、「ストレートパーマ」は髪へのダメージが小さい反面、効果が長続きせず、「縮毛矯正」は、効果が長持ちする反面、髪へのダメージが大きくなります。
また、料金も大きく異なり、「縮毛矯正」が「ストレートパーマ」の2倍近くになるのが多いようです。
一度かけたパーマをストレートに戻したい場合は「ストレートパーマ」で十分のようです。「縮毛矯正」=くせ毛を矯正するもの。
もともとくせ毛の方がストレートにしたい場合は「縮毛矯正」が適していると言えます。

参照元

http://takebackthememorial.org/sutoretopama/

ストレートパーマと縮毛矯正【パーマスタイルREV】

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ