「チャーハン」と「ピラフ」の違い

ポイント

  • チャーハン」=炊いた米。「ピラフ」=炊いていない米。
  • チャーハン」=溶きにご飯を入れて炒める。
  • ピラフ」=米を炒めてからスープで炊く。
  • どちらも原型はインドの「プラーカ」

解説

チャーハン」と「ピラフ」では、作る工程に大きな違いがあります。
チャーハン」は炊いた米で調理するのに対し、「ピラフ」は炊いていない米を使います。
チャーハン」では、溶きを先にフライパンに入れ、そこにご飯を入れて炒めるという手順が特徴です。
ピラフ」では、まず米を炒め、そこにスープをいてれ炊くという手順が特徴となります。
しかし、最近ではが入っていなくても「○○チャーハン」としている商品があったり、スープで炊いていなくても洋風である事を表わすために「○○ピラフ」というような商品があるなど、区別が難しい場合もあります。
チャーハン」も「ピラフ」もそのルーツはインドの「プラーカ」という米調理が原型と言われています。

 

 

 

参照元

チャーハン虎の巻 – チャーハン・ピラフ・焼き飯の違い

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ