「デイケア」と「デイサービス」の違い

「デイケア」と「デイサービス」の違い

デイケア」と「デイサービス」の違い

ポイント

  • デイケア」=通所リハビリ。「デイサービス」=通所介護。
  • デイケア」=リハビリが中心。「デイサービス」=介護が中心。
  • 「デイサービス」=社会との交流・家族負担の軽減が目的。
  • デイケア」=身体機能の維持・回復が目的。
  • 「デイケア」=病院、診療所、介護老人保健施設。「デイサービス」=特別養護老人ホームなど。

解説

よく混同されがちな「デイケア」と「デイサービス」ですが、まずその目的に大きな違いがあります。
「デイケア」はリハビリが中心で、身体機能の維持・回復が目的です。
「デイサービス」は介護が中心で、社会との交流・家族負担の軽減が目的になります。
そのため、運営する施設にも違いがあり、「デイケア」は病院・診療所・介護老人保健施設のいずれか、「デイサービス」は特別養護老人ホームや老人デイサービスセンターなどが運営しています。
費用面では「デイケア」の方が「デイサービス」より割高なのが一般的です。

参照元

デイサービスとデイケアとの違い
デイケア・デイサービスの施設基準|導入サポート | 株式会社日本メディックス

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ