「バター」と「マーガリン」の違い

「バター」と「マーガリン」の違い

バター」と「マーガリン」の違い

ポイント

  • バター」=牛乳の脂肪分が原料。「マーガリン」=植物油が原料
  • バター」=乳脂肪分80.0%以上。「マーガリン」=油脂含有率80.0%以上。
  • バター」=ビタミンAが豊富。「マーガリン」=ビタミンAが少ない。
  • 実は、「バター」より「マーガリン」の方が高カロリー。

解説

バター」と「マーガリン」の最も大きな違いは原料です。
「バター」は牛乳の脂肪分が原料なのに対し、「マーガリン」はコーン油・大豆油・パーム油・4なたね油・綿実油などの植物油が原料です。
また、「バター」は乳脂肪分80.0%以上、「マーガリン」は油脂含有率80.0%以上と定められています。
「バター」の歴史は古く、インドの経典には紀元前2000年頃、すでにバターらしきものが作られていたという記録があります。
一方、「マーガリン」は1869年フランスで生まれたとされています。
「バター」が欠乏し、その代替えとして考案されたのが始まりです。
「バター」の特徴は、ビタミンAが豊富に含まれているという点です。
これは、原料である牛乳に含まれているものが製造の過程で濃縮されるためです。
「マーガリン」では、製造過程でビタミンAを添加しているものもありますが、「バター」ほど多くありません。
また、意外に知られていないのがカロリーです。
「マーガリン」の方が低カロリーでヘルシーというイメージがありますが、100g辺りのカロリーは実はマーガリンの方が高いのです。
いずれにしても、「バター」の「マーガリン」もほとんどが油脂でできていますので、摂りすぎには注意したいものです。

参照元

バターとマーガリンの違い|バター|乳と乳製品のきほん知識|一般社団法人日本乳業協会

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ