「バルコニー」と「ベランダ」の違い

ポイント


解説

「バルコニー」と「ベランダ」の違いは、まず屋根です。
ベランダ」には必ず屋根があります。一方の「バルコニー」では、屋根の有無が関係なかったり、屋根があるバルコニーのことを「ルーフバルコニー」と呼ぶ場合もあります。
もう1つの違いは手擦りです。
「バルコニー」には必ず手すりがあり、建築基準法でも最低110cmの高さが必要となっています。
ベランダ」では手すりの有無は関係ありません。しかし、現実的には落下防止のため、ベランダでも手すりが付いているのが実態です。
また、「バルコニー」の方が「ベランダ」より広いとされています。
「バルコニー」は、幅100cm以上と定義されています。
しかし、100cm以下が「ベランダ」という訳ではなく、比較的広いのが「バルコニー」と呼ばれる傾向にあります。

参照元

http://www.tamagoya.ne.jp/potechi/2005/10/910.html

ベランダとバルコニーの違いとは? 間取り用語どう違う? バルコニー,ベランダの違いとは? 賃貸部屋探しの気づき!マスターのカフェ【リプロ】

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ