「パスタ」と「スパゲッティ」の違い

「パスタ」と「スパゲッティ」の違い

パスタ」と「スパゲッティ」の違い

ポイント

  • パスタ」=小麦粉を使ったイタリア料理の食材の総称。「スパゲッティ」=パスタの一種。
  • パスタ」=マカロニ・ラビオリ・ペンネ・ラザニアなども含む。
  • スパゲッティ」=太さ2ミリ弱の細長いもの。
  • 太さ2ミリ強=「スパゲットーニ 」。1.6ミリ前後=「スパゲッティーニ 」。1.3ミリ~1.5ミリ前後=「フェデリーニ」。1.2ミリ未満=「カペッリーニ」。

解説

スパゲッティ」は「パスタ」の中の一種です。
パスタ」は、小麦粉を使ったイタリア料理の食材の総称で、マカロニ・ラビオリ・ペンネ・ラザニアなどもパスタの中に含まれます。
スパゲッティ」は、パスタの中でも太さ2ミリ弱の細長いものを指し、ロングパスタに分類されます。
ちなみに、スパゲティより太く、太さ2ミリ強のものは「スパゲットーニ 」と呼ばれています。
逆に、スパゲティより細いものは、1.6ミリ前後=「スパゲッティーニ 」、1.3ミリ~1.5ミリ前後=「フェデリーニ」、1.2ミリ未満=「カペッリーニ」と細かく呼び方が別れています。
イタリアでは、地方独特のものも含めると650種類ものパスタがあると言われています。

参照元

パスタ – Wikipedia
スパゲッティ – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ