「ヒラマサ」と「ブリ」の違い

「ヒラマサ」と「ブリ」の違い

ヒラマサ」と「ブリ」の違い

ポイント

  • ヒラマサ」=小顔。「ブリ」=顔がデカイ。
  • ヒラマサ」=顎が丸い。「ブリ」=顎が尖っている。
  • ヒラマサ」=胸ビレは腹ビレより短かい。「ブリ」=胸ビレと腹ビレはほぼ同じ長さ。
  • ヒラマサ」=30㎏を超える。「ブリ」=20㎏を超えることはほとんど無い。
  • 「ヒラマサ」=外洋性。「ブリ」=沿岸性。

解説

釣り好きの中でも見分けるのが難しいと言われているのが「ヒラマサ」と「ブリ」です。
「ヒラマサ」を釣ったつもりが、実は「ブリ」だったという事もよくあるようです。
見た目での違いで分かりやすいのは、まず顔の大きさです。
「ヒラマサ」は小顔、「ブリ」は顔が大きいという特徴があります。
次に顎の形です。
「ヒラマサ」は比較的顎が丸く、「ブリ」は顎が尖っている傾向があります。
しかし、これらは両者を比べれば違いが分かりますが、比較できるものがないとなかなか判断できません。
最も区別しやすいのは胸ビレでしょう。
「ヒラマサ」は胸ビレは腹ビレより短かいのが特徴で、「ブリ」は胸ビレと腹ビレはほぼ同じ長さです。
生態では、「ヒラマサ」は外洋性、「ブリ」は沿岸性と大きな違いがあります。
体の大きさでも、「ヒラマサ」は30㎏を超えるのに対し、「ブリ」は20㎏を超えることはほとんどありません。

参照元

ブリとヒラマサの見分け方:壱岐・対馬へ釣りに行こう

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ