「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

ポイント


解説

ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」は同じものを指しています。
正式名称は「ファスナー」(スライドファスナー)で、「チャック」は日本の呼び方、「ジッパー」はアメリカでの呼び方となります。
ファスナーは、1891年にアメリカで生まれました。
その後、1921年にアメリカのメーカーが閉める時の擬音(Zip)になぞってジッパーという商品名を付けました。
依頼、アメリカでは「ジッパー」と呼ばれるのが一般的になっています。
日本では1927年に尾道で巾着(きんちゃく)になぞり「チャック印」というブランドで販売されるようになります。
これが定着し、日本では「チャック」と呼ばれるようになりました。
ちなみに、中国語圏では「ラーリェン」。フランス語では「フェルメチュール・ア・グリシェール」と呼ばれているそうです。

参照元

「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い:YKK株式会社

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ