「ラム」と「マトン」の違い

「ラム」と「マトン」の違い

ラム」と「マトン」の違い

ポイント

  • ラム」=生後1年未満の仔羊の肉。「マトン」=生後1年以上の羊の肉。
  • ラム」=臭みが少ない。「マトン」=臭みが多い。
  • 「ラム」=比較的柔らかい。「マトン」=比較的固い。

解説

羊料理などでよく耳にする「ラム」と「マトン」ですが、その違いは羊の年齢で決まってきます。
「ラム」は、生後1年未満で永久歯が生えていない仔羊の肉を指します。
一方、「マトン」は生後1年以上で永久歯に生え変わっているの羊の肉を指します。
羊の肉は、その臭みが苦手な方も多いと思いますが、「ラム」は臭みが少なく、苦手な方でも食べられる事が多いようです。
「マトン」は比較的臭みが強いため、ジンギスカンなど香辛料の多い調理方法で主に用いられます。
また、「ラム」は比較的柔らかい傾向にありますが、「マトン」は比較的固く、ステーキなどには不向きとされています。
この他にも羊肉をホゲット(イヤリング)と呼ぶこともあります。
定義は明確ではありませんが、生後1年から2年の羊肉を指す事が多いようです。
ホゲット(イヤリング)には、ラムのに癖や臭みがなく、マトンのに旨味もあるという特徴があります。

参照元

ラムとマトンの違いは? 何がどう違うの

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ