「レギンス」と「スパッツ」の違い

「レギンス」と「スパッツ」の違い

レギンス」と「スパッツ」の違い

ポイント


解説

レギンス」も「スパッツ」も、基本的には同じものを指しており、腰から脚までにぴったりとフィットするズボンまたは、タイツ状の衣類の総称です。
日本では、元々は「スパッツ」という呼び方が主流でしたが、
2006年頃、ファッション業界が「スパッツ」を指す新ファッション用語として「レギンス」を打ち出しました。
以後、「レギンス」の流行も相まって一般用語として定着してきています。
この流れから、ファッション誌などでは「レギンス」として呼ばれる傾向が今でも強くなっています。
また、これらの使い分けとして、「レギンス」はアウター用途、「スパッツ」はインナー用途と区別する傾向もあります。
ちはみに、土踏まずの部分に引っ掛けて留めるようになっているものはトレンカと呼ばれ区別さています。

参照元

【楽天市場】レギンスの豆知識  レギンスとスパッツの違い:レギンス・パンツ専門-東京モテ美
レギンス – Wikipedia

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ