「信託銀行」と「銀行」の違い

「信託銀行」と「銀行」の違い

信託銀行」と「銀行」の違い

ポイント


解説

信託銀行」と「銀行」の違いを最も簡単に言うと、「銀行」はお金のみを扱い、「信託銀行」はお金以外も扱うという点になります。
少し難しい言葉を使うと、「銀行」は銀行業務のみを行い、「信託銀行」は銀行業務に合わせ、信託業務と併営業務を扱います。
銀行業務」とは、預金業務・貸付業務・為替業務など、お金に付随する業務を指します。
「信託業務」とは、財産の管理・運用を本人に代わって行う法的な仕組みです。
この場合の財産は、金銭に限らず、有価証券や不動産なども該当します。
また、これらに関連する不動産の売買仲介・株主名簿管理などの証券代行業務・遺言執行などの相続関連業務を「併営業務」と言います。
これらを全て行えるのが「信託銀行」です。
ただし、規制緩和により一般銀行でも信託業務の一部を行えるようになってきています。
そのため、「信託銀行」と「銀行」の違いは少なくなってきており、違いは小さくなっています。

参照元

社会科見学 | SUMITOMO KIDS すみともキッズ | 住友グループ広報委員会
意外と知られていない富裕層向け金融サービス〜”信託銀行”と”銀行”の違いとは?〜 ZUU online

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ