「制作」と「製作」の違い

「制作」と「製作」の違い

制作」と「製作」の違い

ポイント


解説

制作」と「製作」の違いは、まずは作るモノによって使い分けをすることができます。
制作」は、主に芸術作品を作る際に用いられます。
絵画や映画、展覧会などに出品する作品を作る際には「制作」を使います。
一方、「製作」は、実用的なものを作る際によく用いられます。
工業製品・精密機械・各種器具などを作る際には「製作」を用います。
また、映画やテレビ番組などを作る際には、少々違った意味で使い分けをする場合があります。
この場合、映画やテレビ番組を実際に作る作業が「制作」、そのための資金調達などを行うことが「製作」というように使い分けれれることがあります。
例えば、ディズニー映画の場合、「制作」はピクサー・「製作」はディズニーといった具合に使い分けをすることができます。
テレビ番組の場合、「制作」は制作会社・「製作」はテレビ局というケースもよくあります。

参照元

「制作」と「製作」の使い分け。 音と映画とわんぽいんと…(犬)

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ