「創業」と「設立」の違い

「創業」と「設立」の違い

創業」と「設立」の違い

ポイント

  • 創業」=事業を始める。「設立」=会社や組織を立ち上げる。
  • 創業」=商売に関係。「設立」=会社や組織に関係。

解説

よく会社概要などで見かける「創業」と「設立」ですが、明確な違いがあります。
創業」は事業を始めること、「設立」は会社や組織を立ち上げることという意味となります。
例えば、「創業日」と「設立日」が違う場合、
その事業を始めた日や店を開いた日が「創業日」、事業が拡大し、会社を作って登記した日が「設立日」となります。
また、「創業」は商売に関連する場合に限定して使われる傾向もあります。
営利目的でない事業を始めても「創業」とはなりません。
また、「設立」は、その事業の内容に関係なく、会社や組織に関係する場合にのみ使われます。

参照元

創業/設立 とは – コトバンク
会社設立Q&A(会社設立2)|行政書士 齋藤恵子事務所

創業80年【キャラバン コーヒー】ウェブ通販ショップ



同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ