「参画」と「参加」の違い

「参画」と「参加」の違い

参画」と「参加」の違い

ポイント

  • 参加」=集まりに加わる。「参画」=事業・計画に加わる。
  • 参加」=既にあるものに加わる。「参画」=計画段階から加わる。
  • 参加」=加わるだけ。

解説

堅苦しいイメージのある「参画」と気軽なイメージのある「参加」ですが、その意味には違いがあります。
参加」は単に集まりに加わることですが、「参画」は事業や計画に加わることを意味します。
別のいい方をすると、「参加」は既にあるものに加わることを指し、「参画」は計画段階から加わることを指します。
イベントなどに例えると、そのイベントに加わることは「参加」、イベントの企画・運営に携わる場合「参画」となります。
また、「参加」は加わるだけでも「参加」になりますが、「参画」は加わるだけでは「参画」とは言えません。
義理で集まりに顔を出すだけだったり、一言も発言しない場合、「参加」であっても「参画」とは言えません。
このような意味を踏まえ、積極的な参加を訴えたい場合、敢えて「参加」ではなく「参画」が使われる場合もあります。

参照元

「参加」 と 「参画」 と、お役所言葉 tak shonai’s Today’s Crack (今日の一撃)
参加と参画。ちょっとした違いに見る哲学 ファンドレイジング道場

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ