「台湾語」と「中国語」の違い

ポイント


解説

「中国語」の分類については諸説ありますが、「台湾語」は中国語の方言の1つとして分類される事が多いようです。
ただし、発音などは大幅に異なり、日本の方言とは比較になりません。
別言語として扱う場合もあるほどの違いがあります。
台湾語」は中国南部の言語をルーツとしており、どちらかというと「広東語」に近いとされています。
一方、「中国語」は「北京語」を基本に標準語にされているため、「北京語」に近いとされています。
台湾は、外国との交流や統治の歴史んなどの影響から、「台湾語」は外来語が多いのも特徴です。
日本語の”こんにちは”は、「中国語」では”ニイハオ”、「台湾語」では”リーホー”となります。

参照元

http://dokochina.com/aitama/34.htm
http://taiwan.kagu7.com/archives/65402911.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311137068

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

One Response to “「台湾語」と「中国語」の違い”

  1. Personal Loan Repayment Calculator Nabp

    Bank Loan Interest Rates For Land

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ