「叱る」と「怒る」の違い

「叱る」と「怒る」の違い

叱る」と「怒る」の違い

ポイント

  • 叱る」=相手のため。「怒る」=自分のため。
  • 叱る」=相手に成長・改善の機会を与える。「怒る」=相手に自分の感情をぶつける。

解説

叱る」と「怒る」は同じような意味として使われますが、本来の言葉の意味は異なります。
一言で表わすと、「叱る」は相手のため、「怒る」は自分のための行為となります。
言い方をかえると、「叱る」は相手に成長・改善の機会を与える行為、「怒る」は相手に自分の感情をぶつける行為ともなります。
ですので、「子供を怒る」とは厳密には間違った使い方となります。
言葉の意味の違いだけでなく、
お子には、自分の感情をぶつけて「怒る」のではなく、成長・改善の機会を与えて「叱る」にしたいものです。

参照元

「怒る」と「叱る」の違いをご存知ですか?:谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」:ITmedia オルタナティブ・ブログ
子どもを『怒る』と『叱る』の違いを理解する サカイク

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ