「商品」と「製品」の違い

ポイント

  • 製品」は製造された品物。「商品」は、売買の目的物。
  • 製品」は、「商品」に含まれる。
  • 商品」にはサービスも含まれる。
  • 商品」=加工せずに売れるもの。「製品」は加工して売れるもの。

解説

製品」は文字通り、製造された品物を意味します。
一方の「商品」は、売買の目的物としての品物を意味します。
ですので、「製品」という集合は、「商品」という集合に含まれると考えるのが普通です。
例えば、「農産物」など「製造されないもの」は「商品」には含まれますが、「製品」には含まれません。
また、「商品」には具体的な形を伴う品物に限らず、「サービス」など行為が含まれることもあります。
会計用語では、仕入れたもの、加工せずに売れるものを商品、作ったもの、加工して売れるものを製品と定義しているようです。

参照元

商品と製品の違い | 実践!ネットビジネス塾
 日本語Q&A「「商品」と「製品」の違いを教えてください。」:スペースアルク

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ