「執行役員」と「取締役」の違い

「執行役員」と「取締役」の違い

執行役員」と「取締役」の違い

ポイント


解説

執行役員」と「取締役」は、どちらが上でどちらが偉いのか分からない方が多いのではないでしょうか?
結論から言うと、「執行役員」より「取締役」が上となります。
一般的な序列では、会長→社長→副社長→専務→常務→取締役執行役員となります。
取締役」は、「取締役会」に代表されるように、会社の重要な事項を決定する役割になります。
一方、「執行役員」は、この決定した事項を実践する役割になります。
会社の重要事項や方針を決定するまでの権限はありません。
また、「取締役」は、社員のままでは就任できません。
一度会社を退職して就任する形になります。
一方、「執行役員」は、従業員のままでも就任することができます。

参照元

取締役と執行役員の違い、わかる? | web R25

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ