「寂しい」と「淋しい」の違い

ポイント

  • 寂しい」と「淋しい」は、どちらも「さびしい」「さみしい」と読む
  • どちらも間違いではない。
  • あえて言うなら「寂しい」は物静かなさびしさ。「淋しい」は肉体的なさびしさ。

解説

まず、読み方ですが「寂しい」=さびしい、「淋しい」=さみしいと勘違いしている事が多いようです。
正しくは、どちらも「さびしい」「さみしい」と読み、漢字による読み方の違いはありません。
寂しい」と「淋しい」は、どちらも間違いではありませんが、「寂しい」を使うのが一般的とされています。
淋しい」は、「医学用語の淋病の液体が淋(したた)る子」から「肉体的な淋しさ」を表すとされています。
そのため、「淋しい」は品性が若干低く感じられたり、失礼にあたる場合もあるようなので、使い方に注意が必要です。

参照元

http://www.yuraimemo.com/740/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410353809

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ