「対応」と「応対」の違い

「対応」と「応対」の違い

対応」と「応対」の違い

ポイント

  • 対応」=状況に対し処置・行動する。
  • 応対」=相手に応じて受け答えする。
  • 応対」=相手は人。「対応」=相手は人とは限らない。

解説

対応」と「応対」の違いは、相手が人に限定されるかどうかという点です。
対応」は、状況に応じて処置・対応する事を指し、相手が人であったりモノや現象であったりすることがあります。
一方、「応対」は相手に応じて受け答えするという意味になり、相手が必ず人となります。
特に、電話や接客に限定して使われます。
応対がいい」というと、ほとんどの場合、電話や接客の際の受け答えがいいという意味になります。

参照元

「接客マナーは心の礎」 接客の基礎  応対と対応

同じカテゴリーの記事


 

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ