「少々」と「少量」の違い

「少々」と「少量」の違い

少々」と「少量」の違い

ポイント

  • 少々」=親指と人差し指の2本。「少量」=親指と人差し指と中指の3本。
  • 少々」=約1g強。「少量」=約2g。

解説

料理番組やレシピ本などでよく使われる「少々」と「少量」という言葉ですが、実はその違いを理解していない方も多いのではないでしょうか?
まず、一つの目安としては、「少々」は2本指、「少量」は3本という点です。
塩など粉状の調味料を扱う際、「少々」は親指と人差し指の2本でつまんだ量、「少量」は親指と人差し指と中指の3本でつまんだ量となります。
こうして覚えておくと、スプーンなどでいちいち計量しなくても済み便利です。
また、実際の重さに置き換えると、「少々」は約1g強、「少量」は約2gとなります。
塩分などを気にされる場合、こちらを目安にしておくと塩分量の目安にもなります。

参照元

高血圧と診断されたオヤジ奮闘ブログ! 「少量」と「少々」の違いは?そして「適量」とは?

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ