「左翼」と「右翼」の意味の違い

「左翼」と「右翼」の意味の違い

左翼」と「右翼」の意味の違い

ポイント

  • 左翼」=革新。「右翼」=保守。
  • 左翼」=自衛隊廃止。「右翼」=自衛隊強化。
  • 左翼」=日米安保破棄。「右翼」=日米安保維持。
  • 左翼」=天皇制廃止。「右翼」=天皇制維持。
  • 「左翼」=憲法改正反対。「右翼」=憲法改正賛成。

解説

右翼」というと、街宣右翼をイメージし、天皇制や北方領土問題をイメージする方が多いかと思いますが、そもそも「右翼」「左翼」という言葉の意味は、このような事を指すわけではありません。
まず、広い意味では、「左翼」=革新、「右翼」=保守ということになります。
革新・保守とは、相対的なものですので、その時代や立場によって意味が異なります。
例えば、日本では共産主義は左翼・革新として考えられていますが、中国は共産党が政権をとっているため、共産主義右翼・保守です。
現在の日本において、「左翼」「右翼」の主張が大きく分かれるテーマがいくつかあります。
まず、自衛隊では、「左翼」廃止を主張し、「右翼」は維持・強化を主張しています。
日米安保では、「左翼」は破棄、「右翼」は維持を訴えています。
天皇制については、「左翼」は廃止、「右翼」は維持を主張、憲法改正では、「左翼」は反対、「右翼」は賛成の立場をとっています。

参照元

右翼?左翼?違いをわかりやすく解説します!|世界一わかりやすいニュース解説ブログ

同じカテゴリーの記事

こんな違いも人気です

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

タグクラウド

このページの先頭へ